院外心停止患者の低体温療法について検討するTTM(Target Temperature Management after out-of-hospital cardiac arrest)試験において、体温管理の目標値の違いが認知機能に与える影響を検討したところ、目標温度が33℃の場合と36℃の場合で、心停止から半年後の認知機能に有意な差は認められなかった。この結果は2月13日、Circulation誌オンライン版に掲載された。

院外心停止患者の体温管理、33℃と36℃で認知機能に差なしの画像

ログインして全文を読む