1日の中でじっと座っている時間(座位時間)が長い人は、たとえ定期的な運動習慣があったとしても、座位時間が短い人よりも総死亡リスクが高いことが分かった。さらに、2型糖尿病、心血管疾患、癌の罹患リスクも座位時間が長い人で高いという。

ログインして全文を読む