精神病患者では心筋梗塞(MI)のリスクが一般集団よりも高い。そのため、抗精神病薬投与の有無とMIリスクとの関連を検討する際にはバイアスの存在が懸念され、明確な回答が得られていなかった。これに対し、英国において同一対象の異なった期間のリスクを検討する自己対象ケースシリーズ研究(SCCS)が行われ、抗精神病薬の投与開始直後はMIリスクが増大することが明らかになった。結果は、Eur Heart J誌で1月22日に公表された。

抗精神病薬投与によりMI増加の可能性ありの画像

ログインして全文を読む