新しいデュアルエンドセリン受容体拮抗薬であるマシテンタンを肺動脈性高血圧症(PAH)患者に投与したところ、入院のリスクや発生率、入院日数が減少したことが、SERAPHIN試験の事後解析から明らかとなった。結果はJ Am Coll Cardiol HF誌1月1日号に掲載された。

マシテンタンによりPAH患者の入院リスク低下の画像

ログインして全文を読む