ACCOAST試験でPCIを施行した非ST上昇型心筋梗塞患者において、プラスグレルの冠動脈造影前の投与には非前投与よりも総死亡および虚血性イベントを抑制する効果は認められず、TIMI基準による大出血の発生率が上昇することがACCOAST-PCI試験によって示された。この結果はJ Am Coll Cardiol誌2014年12月23日号に掲載された。

プラスグレル前投与に虚血性イベントの抑制効果みられずの画像

ログインして全文を読む