中等度〜重度心不全(HF)患者への標準治療にコエンザイムQ10(CoQ10)を上乗せすると症状が軽減しMACEが減少することが、十分な検出力を備えた初の多施設二重盲検ランダム化比較試験(Q-SYMBIO試験)の結果から示された。HFに対する現行の標準治療では基質利用およびエネルギー供給の欠陥を補いきれないため、CoQ10補給は有望な補助療法となる可能性がある。この結果は、J Am Coll Cardiol Heart Failure誌12月号に掲載された。

心不全患者のコエンザイムQ10補給は有用の画像

ログインして全文を読む