中年期の糖尿病罹患とHbA1cの管理不十分は、その後の認知機能低下を早めることが、住民ベースの前向きコホート研究の結果として示された。米Johns Hopkins医科大学のAndreea M. Rawlings氏らが、Annals of Internal Medicine誌2014年12月2日号に報告した。

ログインして全文を読む