第二世代の薬剤溶出ステント(DES)を用いた経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)の治療期間を6カ月間としても、12カ月間のDAPTの効果に劣らないことが、ランダム化対照試験(RCT)で示された。結果はJ Am Coll Cardiol誌11月18日号に掲載された。

6カ月間の抗血小板薬2剤併用療法は12カ月間に劣らずの画像

ログインして全文を読む