感染性心内膜炎(IE)患者の総死亡だけでなく、さまざまなハードエンドポイントを初めて評価した台湾の大規模住民対象研究から、IE生存者の主要有害心イベント(MACE)リスクは治療後も長期にわたって増大していることが示された。この結果は、Circulation誌11月4日号に掲載された。

感染性心内膜炎生存者のMACEリスクは長期間増大の画像

ログインして全文を読む