経口抗凝固薬のアピキサバン使用中の入院および外来患者に血液検査を行い、2つの試薬を使用してプロトロンビン時間(PT)とPT値の分布を調べたところ、いずれの試薬もアピキサバン血漿濃度を高感度で測定し、試薬間のPT値に有意な相関が認められた。本研究の結果は、Circ J誌11月号に掲載された。

アピキサバン使用時の抗凝固能測定に2つの試薬が有用の画像

ログインして全文を読む