米国で過去15年間の高血圧に関する疫学的データを解析したところ、治療率も治療によるコントロール率も増加しているものの、罹患率は30%前後で推移し、治療によっても目標値に達していなかったことが明らかとなった。また、このような状況を改善しうる要因についても解析された。結果は10月20日、Circulation誌オンライン版に掲載された。

高血圧罹患率は過去15年でほとんど変化なし、米国調査の画像

ログインして全文を読む