アスベスト暴露と喫煙が特発性後腹膜線維症(iRPF)の強力な危険因子であること、それらには相乗的な作用があることがケースコントロール研究の結果として示された。イタリアParma大学のMatteo Goldoni氏らが、Annals of Internal Medicine誌2014年8月5日号に報告した。

ログインして全文を読む