閉経後まもない女性に対するホルモン療法(MHT)によるアテローム性動脈硬化の進行抑制効果を検討したランダム化比較試験(RCT)の結果、複数の心血管危険因子に改善が見られるものの、アテローム性動脈硬化に有意な影響は認められなかった。米国Phoenix Veterans Affairs Health Care SystemのS. Mitchell Harman氏らが、Annals of Internal Medicine誌電子版に2014年7月29日に報告した。

ログインして全文を読む