母斑数が多いほど女性ホルモンレベルが高く、乳癌リスクも高まることが、米国の女性看護師を対象とするコホート研究のデータを前向きに分析した結果として示された。米Harvard大のMingfeng Zhang氏らが、PLOS Medicine誌電子版に2014年6月10日に報告した。

ログインして全文を読む