小児癌患者の半数以上がアントラサイクリンを用いた治療を受けているが、アントラサイクリンの心毒性による心不全リスク上昇が懸念される。モデルを用いたシミュレーションの結果、現行のガイドラインの推奨よりも低い頻度で心エコー検査を実施しても、余命や質調整生存年(QALYs)に見られる利益はおおよそ維持できること、費用対効果は高まることが示された。米City of Hope国立医療センターのF. Lennie Wong氏らが、Annals of Internal Medicine誌に2014年5月20日に報告した。

ログインして全文を読む