肩関節の腱板炎に対する体外衝撃波療法(ESWT)の有効性と安全性を検討したランダム化比較試験のシステマティックレビューの結果、高エネルギーESWTが、肩関節石灰沈着性腱板炎(CTS)患者の疼痛、肩の機能、石灰化を改善することが示された。米Tufts大学のRaveendhara R. Bannuru氏らが、Annals of Internal Medicine誌2014年4月15日号に報告した。

ログインして全文を読む