動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)リスクが高い患者が中・高強度スタチンに反応しない、または不忍容の場合に、どのような治療を選択すればよいのか。最新のランダム化比較試験(RCT)を対象とする系統的レビューの結果、低・中強度のスタチンと胆汁酸吸着薬またはエゼチミブの併用が代替として有望であることが示された。米Johns Hopkins大のKimberly A. Gudzune氏らが、Annals of Internal Medicine誌2014年2月11日号に報告した。

ログインして全文を読む