65歳以上の男性に対する単回の腹部大動脈瘤(AAA)検診が、その後10〜15年間にわたって利益をもたらすことが、最新のデータも含めた系統的レビューの結果として示された。米Washington大のJanelle M. Guirguis-Blake氏らが、Annals of Internal Medicine誌2014年1月28日号に報告した。

ログインして全文を読む