巨細胞性動脈炎(GCA、もしくは側頭動脈炎)は、心筋梗塞、脳血管イベント、末梢血管イベントなどの独立したリスク因子となること、発症から1カ月間のリスクが特に高いことがコホート研究の結果として示された。アイスランドIceland大のGunnar Tomasson氏らが、Annals of Internal Medicine誌2014年1月21日号に報告した。

ログインして全文を読む