糖尿病性潰瘍には一部の人工皮膚と陰圧閉鎖療法が、静脈性潰瘍にはケラチノサイト療法が標準治療に比較して治癒率を高めることが中等度のエビデンスとして示された。ランダム化比較試験(RCT)を対象とするシステマティックレビューの結果として、米Minneapolis Veterans Affairs Health Care SystemのNancy Greer氏らが、Annals of Internal Medicine誌2013年10月15日号に報告した。

ログインして全文を読む