抗血小板薬を1年以上にわたって2剤併用すると、単剤投与した場合と比べて脳卒中予防効果には差がなく、頭蓋内出血(ICH)リスクの上昇は起こり得ることが分かった。台湾長庚大学のMeng Lee氏らが、Annals of Internal Medicine誌2013年10月1日号に報告した。

ログインして全文を読む