無症候頸動脈狭窄に対する薬物療法、頸動脈内膜剥離術(CEA)、頸動脈ステント留置術(CAS)のうち、どの治療が最も脳卒中予防効果が高いかを示す質の高いエビデンスはないことが示された。米Tufts Medical CenterのGowri Raman氏らが行った系統的レビューとメタ解析の結果で、Annals of Internal Medicine誌2013年5月7日号に報告された。

ログインして全文を読む