多枝病変を有し、糖尿病、喫煙歴、心不全、末梢動脈疾患を有する患者では、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)に比べて、冠動脈バイパス術(CABG)による生存利益が大きいことが、大規模コホート研究で示された。米Stanford大学のMark A. Hlatky氏らが、Annals of Internal Medicine誌の電子版に2013年4月23日に報告した。

ログインして全文を読む