高齢高血圧患者に対するクロルタリドン(国内販売中止)とヒドロクロロチアジド(ニュートライド)の有効性と安全性を比較したコホート研究で、両剤の有効性には差がないものの、低カリウム血症による入院などの有害事象はクロルタリドンに有意に多いことが示された。カナダSt. Michael’s HospitalのIrfan A. Dhalla氏らが、Annals of Internal Medicine誌2013年3月19日号に報告した。

ログインして全文を読む