高齢者に降圧薬の投与を開始すると、直後に転倒リスクの上昇が見られることが報告されている。このほど、カナダScarborough病院のDebra A. Butt氏らが行った大規模研究で、高齢者の降圧薬服用開始直後は、転倒のみならず、股関節骨折のリスクも有意に上昇することが明らかになった。論文は、Arch Intern Med誌電子版に2012年11月19日に掲載された。

ログインして全文を読む