急性虚血性脳卒中患者の入院時に、死亡や重度の障害を負うリスクを推定できるシンプルなスコアを、アイルランドIreland国立大学Galway校のMartin J. O’Donnell氏らが開発し、2012年10月15日付のArch Intern Med誌電子版に報告した。著者らが開発したこのスコア(PLANスコア)は、簡単に入手できる9つの臨床情報を組み入れたもので、30日死亡、1年死亡と、退院時の修正ランキンスケールのスコアが5〜6となるリスクを高い精度で予測できるという。

ログインして全文を読む