許容範囲内とされている量の鉛曝露あっても、痛風、高尿酸血症のリスクを有意に上昇させる可能性が、米Stanford大学のEswar Krishnan氏らの分析で示された。論文は、Ann Intern Med誌2012年8月21日号に掲載された。

ログインして全文を読む