厳格な血液管理の下、輸血なしで心臓手術を実施した患者は、輸血ありで心臓手術を受けた患者と比較して、術後合併症や長期の死亡リスクの上昇は見られず、一部の術後合併症や院内死亡、1年死亡のリスクは有意に低いことが明らかになった。米Cleveland ClinicのGregory Pattakos氏らが、信仰に基づき輸血を拒否する「エホバの証人」の患者と一般の患者を対象に行った研究結果で、論文は、Arch Intern Med誌電子版に2012年7月2日に掲載された。

ログインして全文を読む