急性心不全で救急部門を受診した患者の7日死亡率を、受診時に得られる一般的な情報を利用して高精度に予測するモデルをカナダToronto 大学のDouglas S. Lee氏らが作成し、その有効性を確認した。論文は、Ann Intern Med誌2012年6月5日号に掲載された。

ログインして全文を読む