非弁膜症性心房細動(NVAF)患者の脳卒中予防には長い間ワルファリンが用いられてきた。米Cleveland ClinicのShikhar Agarwal氏らは、近年行われた無作為化試験を対象にメタ分析を行い、その絶対的な有効性と安全性を分析した。得られた値を約20年前の無作為化試験と比較したところ、ワルファリンによる凝固活性の管理は向上し、転帰も改善したことが示された。論文は、Arch Intern Med誌2012年4月23日号に掲載された。

ログインして全文を読む