末期腎不全(ESRD;end-stage renal disease)患者に対するインフルエンザワクチン接種に、インフルエンザ様疾患の罹患、インフルエンザまたは肺炎による入院、全死因死亡を予防する効果はほとんどない―。そんな研究結果を、米North Carolina大学Chapel Hill校のLeah J. McGrath氏らが、Arch Intern Med誌2012年4月9日号に報告した。

ログインして全文を読む