急性疾患で入院した高齢者の入院時の歩行速度測定が、患者の入院期間と退院して自宅に戻る患者の割合(自宅退院率)の予測に役立つことが、米Texas大学のGlenn V. Ostir氏らが行った前向き研究で示された。論文は、Arch Intern Med誌2012年2月27日号に掲載された。

ログインして全文を読む