カナダのアルバータ州における、2009年のパンデミック・インフルエンザ感染確定例の発生状況を分析した研究で、もし夏休みがなかったら、すなわち学校閉鎖が行われなければ、同州の罹患者は2倍になっていたとの結論が導き出された。カナダMcMaster大学のDavid J.D. Earn氏らが、Ann Intern Med誌2012年2月7日号に報告した。

ログインして全文を読む