ヨード造影剤の使用がその後の甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症のリスクを高めることが、大規模なネステッドケースコントロール研究で明らかになった。米Brigham and Women’s HospitalのConnie M. Rhee氏らが、Arch Intern Med誌2012年1月23日号に報告した。

ログインして全文を読む