コレステロール吸収受容体であるNPC1L1蛋白が、C型肝炎ウイルス(HCV)の肝細胞への侵入にかかわっており、同蛋白の阻害薬エゼチミブにHCVの感染抑制効果があることが、in vitroおよびin vivoの研究で明らかになった。米Illinois大学Chicago校のBruno Sainz氏らが、Nature Medicine誌電子版に2012年1月8日に報告した。

ログインして全文を読む