ワルファリン投与中で状態が安定している患者では、プロトロンビン時間の国際標準化比(INR)の測定を3カ月に1回にしても、抗凝固療法の安全性と有効性は低下しないことが、カナダMcMaster大学のSam Schulman氏らが行った無作為化試験で明らかになった。論文は、Ann Intern Med誌2011年11月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む