高齢の閉経女性において、たとえ骨密度が正常でも、Timed Up and Go(TUG)テストの結果が不良な場合は、その後9年間の非脊椎骨折のリスクが1.8倍、股関節骨折のリスクは2.5倍になることが分かった。オーストラリア・西オーストラリア大学のKun Zhu氏らが、Arch Intern Med誌2011年10月10日号に報告した。

ログインして全文を読む