心疾患でペースメーカーや埋め込み型除細動器(ICD)を使用している患者でも、あらかじめ適切に準備し、心臓電気生理学的モニタリングを行えば、MRI検査を安全に行える可能性があることが、大規模な前向き試験で分かった。米Johns Hopkins大学のSaman Nazarian氏らが、Ann Intern Med誌2011年10月4日号に報告した。

ログインして全文を読む