心血管危険因子の改善を目的とする生活改善と薬物療法が、勃起不全(ED)を有意に改善することが、米Mayo ClinicのBhanu P. Gupta氏らが行ったメタ分析で明らかになった。論文は、Arch Intern Med誌電子版に2011年9月12日に掲載された。

ログインして全文を読む