麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)と銀翹散(ぎんぎょうさん)の煎じ薬に、インフルエンザA/H1N1患者の解熱までの時間を短縮する効果があることが、中国で行われた無作為化非盲検試験で明らかになった。中国Beijing Chao-Yang HospitalのChen Wang氏らが、Ann Intern Med誌2011年8月16日号に報告した。

ログインして全文を読む