尿路感染症(UTI)はごく一般的な病気で、特に女性に多い。初回UTI後、20〜30%の女性は再発を経験する。オランダAmsterdam大学医療センターのMarielle A. J. Beerepoot氏らは、UTI予防効果が報告されているクランベリーエキスと低用量抗菌薬(トリメトプリム/スルファメトキサゾール;TMP-SMX、ST合剤)のUTI再発予防効果を比較する無作為化試験を実施した。この結果、抗菌薬の利益は有意に大きいが、薬剤耐性獲得リスクも高いことを明らかにした。論文は、Arch Intern Med誌2011年7月25日号に掲載された。

ログインして全文を読む