非癌性慢性疼痛患者にオピオイドを処方する際、1日当たりの用量がモルヒネ相当量で20mg未満の患者に比べ、200mg以上の患者では、オピオイド関連死亡のリスクが約3倍になることが分かった。カナダInstitute for Clinical Evaluative Sciences(ICES)のTara Gomes氏らが行った大規模ケースコントロール研究で得られた結果で、論文は、Arch Intern Med誌2011年4月11日号に掲載された。

ログインして全文を読む