成人市中肺炎の治療に肺炎球菌尿中抗原検出検査を用いると、よりスペクトラムの狭い抗菌薬の選択が可能になるなど、抗菌薬選択の最適化に役立つことが明らかになった。スペインBarcelona自治大学のRoger Sorde氏らが行った前向き研究によるもので、論文は、Arch Intern Med誌2011年1月24日号に掲載された。

ログインして全文を読む