急性虚血性脳卒中に対する血管内治療は、血栓溶解薬アルテプラーゼ(t-PA)を適用可能な時間帯を過ぎてしまった患者の治療も可能にすると期待されている。米Connecticut大学のWilliam L. Baker氏らは、再灌流を目的として行われた血管内治療の報告を対象に最新のレビューを行い、現状を明らかにすると共に、この治療が急性虚血性脳卒中治療の選択肢として有望であることを示した。論文は、Ann Intern Med誌2011年1月17日号に掲載された。

ログインして全文を読む