気管支喘息は、ほかのアレルギーと同様、アレルゲンに対するIgE抗体の過剰反応によって生じると考えられてきた。だが、国立成育医療研究センター研究所の大保木啓介氏らは、喘息関連遺伝子として注目されているインターロイキン33(IL-33)を欠くマウスを使って実験を行い、喘息や腸のアレルギー反応の一部は、獲得免疫でなく自然免疫によって引き起こされる可能性を示した。論文は、米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences;PNAS)誌電子版に2010年10月11日に掲載された。

ログインして全文を読む