米CardioDx社は、末梢血を標本として23遺伝子の発現を分析し、胸痛がある非糖尿病患者における閉塞性冠疾患(CAD)の存在を予測する検査を昨年から提供している。この検査の精度を確認した研究の詳細が、同社のSteven Rosenberg氏らによってAnn Intern Med誌2010年10月5日号に報告された。その能力は診察に基づく閉塞性CAD予測法と同等かそれ以上であることが明らかになった。

ログインして全文を読む