段階的に圧迫の強さが変化する医療用弾性ストッキングは、深部静脈血栓症(DVT)の予防に広く用いられている。CLOTS(Clots in Legs Or sTockings after Stroke)Trials Collaborationの研究者たちは、膝下丈と大腿丈のストッキングの近位部DVT予防効果を比較する無作為化試験を行い、大腿まであるストッキングを着用した方がDVT発生率が有意に低いことを示した。論文は、Ann Intern Med誌電子版に2010年9月20日に掲載された。

ログインして全文を読む