急性の痛風性関節炎の患者の多くは、プライマリケアで診断と治療を受けているが、診断時に関節滑液の分析が行われないことも少なくない。そこでオランダRadboud大学のHein J. E. M. Janssens氏らは、プライマリケア医の診断の精度を調べた上で、関節液採取なしに痛風を診断するための臨床スコア表を作成し、Arch Intern Med誌2010年7月12日号に報告した。

ログインして全文を読む