これまで慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者への投与が控えられてきたβ遮断薬が、実はCOPD患者に生存利益をもたらし、増悪リスクを低減する可能性がある―。そんな観察コホート研究の結果を、オランダUtrecht大学医療センターのFrans H. Rutten氏らが、Arch Intern Med誌2010年5月24日号に報告した。

ログインして全文を読む