世界的には、出血性消化性潰瘍で内視鏡的止血処置が行われた患者に対し、プロトンポンプ阻害薬(PPI)の高用量投与(80mgをボーラス投与後、8mg/時を72時間継続静注)が広く行われている。国立台湾病院のChih-Hung Wang氏らは、メタ分析を行い、それより低い用量を適用しても、再出血、外科的介入、全死因死亡のリスクに差はないことを明らかにした。詳細は、Arch Intern Med誌2010年5月10日号に報告された。

ログインして全文を読む